So-net無料ブログ作成
ウインブルドン ブログトップ

ウィンブルドン選手権2017・ロジャーフェデラーが8度目の優勝! [ウインブルドン]

IMG_6655.JPG

【 ウィンブルドン選手権2017・ロジャーフェデラーが8度目の優勝!】


ウインブルドン選手権で、第3シードの

ロジャーフェデラー(スイス)が、

第7シードのマリン・チリッチ

(クロアチア・世界ランキング6位)を

6-3、6-1、6-4のストレートで

勝利し出場選手128人の頂点に

立ち、通算8度目の優勝を

果たしました。


これはウインブルドン最多優勝になり

新たな歴史を作りました。

通算優勝回数は、93回になります。



年齢も35歳での優勝は、大会最高齢で

の優勝で、体力の衰えを全く見せず、

今大会1セットも失う事もなく完璧な

勝利でした。


前試合もセットを落としていない為、

連続30セットを勝ち進んでの優勝です。

IMG_6648.JPG

2016年の後半は、怪我の為

全試合休場、体調を万全に整えて

ウインブルドンに臨み、

35歳での優勝は、まさに

芝生の王者復活です。



今回の大会優勝で、フェデラーは

世界ランキング3位になりました。



試合を見る限り、常に攻撃的な

テニスを展開しサービス、ショットとも

今までにない安定したテニスで

他を寄せ付けませんでした。



サーブの正確性も際立ち各試合

ファーストサービスの確率は70%以上の

成功率で安定していました。



ポジションも前に置き、

相手のセカンドサービスは

攻撃的なリターンが目立ちました。



相手選手には相当のプレッシャーが

掛かった事だと思います。



年齢的にも怪我で引退がささやかれて

いましたが、まだまだ衰えは見えず、

華麗なスーパーショットは

健在でした。




レジェンド、35歳のロジャーフェデラーの

活躍を見ると東京オリンピックにも

出場しでほしいものです。



親の考えとコーチの指導

セルフジャッジ

親離れ、子離れ

対戦相手は友達

テニス選手育成コース

テニス教室と選手育成コースの違い

怪我と休養

高校受験テニス裁量枠

中学でテニスを継続するには













ジュニアテニス ブログランキングへ


にほんブログ村



ウインブルドン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。