So-net無料ブログ作成

自動車修理はリサイクル部品(中古部品)を使ってお安く修理 !! [情報]

image.jpg

自動車をぶつけたり、故障した場合、修理する方法として、新品部品を使用する方法とリサイクル部品(中古部品)を使ってお安く修理する方法が有ります。

自動車のリサイクル部品(中古部品)は、ネットの普及と共に使用率は増加しています。自動車の解体業界もグループや組合を作り、全国ネットで中古部品の在庫を共有化して流通させています。

最近では、アマゾンにも自動車のリサイクル部品(中古部品)が沢山登録されています。新品部品に比較すると、故障するリスクはありますが、一部の部品には、保証を付けて販売されています。故障した場合でも保証期間であれば、代品の交換や返品を受け付けてもらえます。

修理の依頼は、自動車修理工場やカーディーラーになりますが、修理する際に一言『リサイクル部品の見積りも出して下さい。』と伝えると中古部品を使用した見積りを出してくれます。

中古部品の流通業界も競争が激しく、在庫が多くある商品は、価格が値下がりし、希少商品は逆に価格が高騰しています。それでも新品部品を使って修理するよりは、かなり安く修理出来ます。

事故を起こして自動車保険を利用して新品部品で修理する事が出来ますが、来年度からの保険料が大幅に高くなります。
保険を利用するのか、リサイクル部品を使用して保険を使わない方か良いのか比較する事が、来年度からの保険料も含め検討する必要が有ります。











廃油ストーブ小型GS-6S

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

国勢調査をインターネットで回答、ログイン・入力してみました。 [情報]

image.jpg

平成27年国勢調査インターネット回答して見ました。国勢調査オンラインにアクセスして、事前に配布されたインターネット利用者情報の用紙の調査対象者IDと初期パスワードを入力してログインします。名前と誕生年と月、職業と住所は手入力ですが、後は選択式のクリック方式なので、とても簡単で5分程で回答出来ました。インターネットやスマホを利用している人でしたら、苦にならないと思います。
インターネットの回答期限は、9月20日までです。インターネットの回答が出来なかった場合、9月下旬に紙の『調査票』が配布されて、回答する事になります。
今回の調査結果が、より良い未来の日本をつくる為に役立ててほしい物です。


国勢調査のホームページはこちら



スポンサード広告






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。