So-net無料ブログ作成

硬式テニス県大会シングルス高校新人戦、練習の成果は [ジュニアテニス]

3CE6649E-FC34-49C1-B06E-66B971063F69.jpeg

県大会シングルス新人戦、練習の成果は

高校2年生、1年生で戦われる

硬式テニス新人戦のシングルス県大会が

行われました。


前回の団体戦は準決勝で

敗退し、敗因となった

サーブを調整しての

出場です。



練習の多くをサーブに

時間を掛け、本人も自信を

持って「修正が出来た。」と

言っていました。


1回戦はサービスゲームの

キープが続いての我慢比べ

の展開です。


ストローク、サーブとも

慎重に打ち合い、共に

調子を上げながら試合は

進んで行きました。


前回の試合からのサーブ

も調整され安定して切れの

あるサーブが打てています。


試合は動き第6ゲームを

ブレイクし8-6で勝つ事が

出来ました。


試合も後半になると

調子もが上がり、

ミスも少なく良いショットが

出ています。




2回戦は強敵選手のM君で

強打で押して前に出て、

ボレーで決めてくる

プレースタイルです。


本人は「攻めて打ち込んで行か

ないと勝てない。」

「守っていたら負ける。」と

言って始めから全力で

打ち込んで行くつもりです。


試合は相手のサーブのミスも

重なりブレイクしての

好スタートで始まりました。


ラリーもきわどいコースを

互いに攻め合いながらの

展開です。


サーブも好調で8ゲームの

試合の序盤はリードしての

折り返しになりました。


ゲームカウントは、

1-0
2-0
3-0
3-1
4-2
5-2
5-3
6-3
6-4
6-5
7-5
7-6
7-7
8-7
8-8
タイブレーク 3-7

まくられて最後はタイブレークに

持ち込まれての逆転敗退

でした。


本人も大変悔しくて、

ゲームが終わってもなかなか

立ち上がれませんでした。


相手選手のリードされても

諦めない精神力と集中力には

感服します。


相手選手のストロークが

ゲームが進むにつれて厳しい

コースに入る様になりました。


前に出てくる為、サイドを抜こうと

してもボレーで決められました。


ロビングも中途半端な打球は

スマッシュされ、ミスも無く

ほぼ100%の安定感が

有りました。


息子もサーブ、ストローク、

リターン共に今までに無いくらいの

テニスのパフォーマンスでしたが、

一歩及びませんでした。


息子言わく「負けは負け。」

だそうです。


相手選手のM君は、順当に

勝ち上がって準優勝でした。


来年のインターハイの県大会では

また対戦するかもしれません。


その時はリベンジする事を

期待します。





親の考えとコーチの指導

セルフジャッジ

親離れ、子離れ

対戦相手は友達

テニス選手育成コース

テニス教室と選手育成コースの違い

怪我と休養

高校受験テニス裁量枠

中学でテニスを継続するには



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマッシュ 2017年 12月号 [雑誌]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)












ジュニアテニス ブログランキングへ



にほんブログ村

ブロトピ:今日のブログ更新

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。