So-net無料ブログ作成

ジュニアテニスでの進学高校の選択は・・ [ジュニアテニス]

IMG_6730.JPG


【ジュニアテニスでの進学高校の選択は・・】


テニスの強豪校には推薦枠があります。


高校に進学してもテニスを

継続する場合は、希望する高校の

推薦枠に入る事が理想です。


それには中学校時代のテニスでの戦績、

ランキング、内申書が希望する高校の

推薦基準内に入っている

必要が有ります。


【推薦枠に入ると有利】


推薦枠に入る事が出来れば

中学3年生になってもテニスの練習量を

減らすことなく続ける事が出来ます。



推薦枠に入れなかった場合は、

一般受験を受ける為に3年生は

受験勉強に時間を掛ける事になります。


この1年間は、テニスの実力に

差が付きます。


中学時代は戦績は良かった選手が、

内申で推薦枠に入る事が出来ず、

受験勉強で時間を取られ、

高校に進学してからの戦績が

伸び悩んだ選手も有ります。


その逆に推薦枠に入り

中学3年の夏から後半にかけ

猛練習しレベルが急激に上がり

高校のテニスで戦績を残す

選手もいます。







【高校によるテニスレベルの差】


進学する高校のテニスのレベルが

高い高校は、より強い選手が集まる為、

練習もハイレベルになります。



しかもテニスクラブでの練習も

両立している選手が多くいます。



これとは逆に余り強い選手が集まらない

高校では、本人は実力が有っても

練習相手に恵まれなければ、

高校の練習よりもテニスクラブでの

練習に力を入れる事になります。


進学する高校のテニスレベルの違いが

その後のテニスのレベルアップの

差として出てくる場合が有ります。


【進学高校を迷った場合は】

テニスの強豪高校も多数有ります。

その中でどの高校に進学するのか

迷う場合が有ります。


学力的に付いていけるのか、

他の同級生の選手の進学上状況や

校風、高校を卒業しての進路など

迷う事は多々あります。



経済的な負担も有りますし、

親の希望も有ると思います。



色々な意見を参考に

最終的には本人が自分の

意思で決める事が必要です。



後で後悔しない為にも、

そしてテニスを続けて行くためにも・・



親の考えとコーチの指導

セルフジャッジ

親離れ、子離れ

対戦相手は友達

テニス選手育成コース

テニス教室と選手育成コースの違い

怪我と休養

高校受験テニス裁量枠

中学でテニスを継続するには













ジュニアテニス ブログランキングへ


タグ:高校進学
nice!(43)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました